弊社では将来的に工場敷地内全面禁煙を目指しております。
つきましては、弊社の姿勢に御賛同頂ける方のみ、ご応募頂きますようお願いいたします。

社長メッセージ

有給休暇100%取得、当社が目指している働き方。

皆さんは会社選びをする時に、どこに注目しますか?会社の成長や職場環境は、社長の志次第と言われています。社長の考え方がそのまま職場の文化となっていく時代なのです。
自分が期待する生活のイメージを実現できるかどうかに関して、職場の文化は大きく影響を与えます。勤め先の価値観に「興味がある」と言えるなら、物心共に満足が得られる可能性が高いと言えます。
当社では価値観(CCSと呼びます)を明確にした上で、それに沿って行動することをスタッフの皆様にお願いしています。当社が中長期的に目指すワークライフバランスに関する重要目標のひとつとして考えているのは育児や介護に関連する休暇を、年齢性別に関係なく、地域No1の水準で取って頂く事です。すでに有給休暇に関しては100%取得できる体制が整えられ、17時終業においても99%を実現できております。当社のCCSはワークライフバランスをどの食品工場にも真似できないレベルで将来実現する為に推進しています。当社に興味を持って頂いた方には、インターンシップや会社見学会にご参加頂き、仕事内容やCCSが自分にフィットするか確かめて頂いた上で応募頂きます。 CCSでは、行動方針や業務方針と共にそれに係わる考課表から給与改定基準についても細かく定められております。このページの後半でその一部をご紹介させて頂いておりますのでご応募頂ける方は確認をお願い致します。

事業内容

中部・関西地区でNo.1の角氷メーカーです。需要の安定した大手食品工場や有名飲食店向けの業務用氷、スーパーなどの量販店向け包装氷を最新鋭のきれいな工場で一貫生産し供給を行っております。地元三重はもとより、大阪・京都・名古屋等の大都市圏でもトップクラスのシェアを誇っています。

会社の特徴

地域に必要とされ、安定的かつ順調に業績を伸ばしており、当社の理念を追求する活動を通じて、会社と共に自分自身の成長を実感できる会社です。また、ワークライフバランスでも業界No.1を目指しており、既に有給休暇に関しては100%取得できる体制が整えられ、17時の終業においても99%を実現しております。

仕事の内容

(正社員希望の方)

氷の製造に関連するお仕事です。最新鋭のきれいな工場で、製造工程の省力化を進めており、年齢性別を問わず活躍できる職場です。クレーンを使っての氷の生産、自動包装ラインの管理、フォークリフトを使った出荷業務まで職域を限定せず、多能工を目指して色々な仕事に挑戦して頂きます。未経験でも能力が発揮できるようフォローさせて頂きますのでご安心ください。将来は製造現場から管理業務まで幅広く担当して頂くと共に、当社の理念を会社全体に浸透させ、達成する活動に取り組んで頂きます。

(パートを希望の方)

氷の製造、検品、袋詰め、箱詰めのお仕事です。冷凍倉庫内での作業はありません。丁寧に指導できるスタッフが対応いたします。採用前に作業の見学をして頂けますので、初めての方でも安心してご応募いただけます。

求人条件にかかる特記事項

人間性重視の採用を行い、経験の有無や性別に関係なく活躍できる体制を整え、製造現場においても男女比率6:4を実現しております。年功序列に関係ないのはもちろんのこと、新卒・中途に関わらずチャンスに差はなく、昇進やスキルアップが可能です。社長は40歳代、20歳代の若手も多く、幅広い年齢のスタッフが多数活躍しており、チャレンジするメンバーを応援する風土と仕組みには絶対の自信があります。中勢北部サイエンスシティに最新鋭の工場を建設するなど、事業を拡大しております。業績拡大に伴い、一緒に事業を盛り上げてくれるメンバーを募集しております。遠方からの応募も可能です。面接時の交通費等についても御相談ください。マイカー通勤の手当は片道5km以上から1kmにつきおおむね8円支給致します。

備考

(正社員を希望の方)

仕事柄4月~9月が繁忙期です。食品会社ですので、身だしなみに配慮が必要です。考課表による評価を部下と上司が一緒に行い、フィードバックやキャリアプランの相談を行います。また、それに基づいて賞与支給額の決定(1年目は寸志)及び年1回の給与改定を行っています。

(パートを希望の方)

当社の理念・考え方に賛同して頂ける方を募集いたします。食品会社ということもあり、身だしなみに配慮が必要です。考課表により頑張りを評価し、給与の改定を行っています。有給休暇は法定通り付与します。

研修の内容

年齢の近い先輩が日々丁寧に教えてくれる他、研修時間を設けて定期的に研修会を行い、未経験でも能力が発揮できるようフォローさせて頂きますのでご安心ください。また、プロ講師による研修会への参加機会を提供し、更なる成長の後押しを行っています。

自己啓発支援の内容

  • 仕事に生かせる各資格を取得するための支援を積極的に行っています。
  • 仕事に必要な資格は会社で全額負担するなどの取得支援をさせて頂くと共に、発揮された能力に対して職能給を支給します。

企業理念

「「私たちはCCSに沿って活動し、願いを実現します」

当社の願い

目 的
「業界・会社・社員・地域のステイタス向上」
目 標
  1. ①ワークライフバランスで業界の模範となる。
  2. ②スタッフの平均年収を1.5倍にする。
  3. ③年間売上を1.5倍にする。
  4. ④キャッシュフローを1.5倍にする。

※達成期限2021年(2017年比)

弊社の企業理念・製氷事業方針を達成する為、売上と共にキャッシュフローを増加させ、企業体力の増強と雇用の安定並びに分配を増やせる体制を整え、仕事とプライベート共に高い満足を得られる働き方を追求します。

弊社の人材戦略

  • □「願は叶う」と言える、或いは「願は叶う」と言う人を肯定し応援できる。
    □ 弊社のCCSに「興味がある」と言える、或いは「興味がある」と言う人を肯定し応援できる。


    弊社は上記2項目共に「はい」と言えるスタッフのみでの構成を目指します。
    理由は、上に登ろうとする人達にとって、ネガティブな考え方や行動をする人たちと一緒に仕事をする事は、大きな障害になる危険があると考えるからです。ほとんどの組織において入社後「さあ頑張ろう」と前向きに努力を始めると、それを快く思わない人達が必ず現れます。その人達は皆さんを迷わせるために声をかけてきます。分かりやすいネガティブな言動もあれば、(そんなに頑張って)疲れない?と自分の習慣との相違からくる違和感を露呈し、あなたの行動を間接的に否定してくる場合もあります。上を目指すか目指さないかは自由です。但、行動しない理由を見つけるのが上手い人達による「勧誘」に乗ってしまってはせっかくの人生が台無しです。
  • 売り手市場と言われ、多くの中小零細企業は労働力不足に悩まされており、その対応に追われています。対策として、新規の募集或いは離職の抑制があげられます。しかし、行ってはいけないと考えるのは、求める人物像に対しての妥協や、CCSとは違う行動を容認することです。それは自社にフィットしない人を組織に縛ることで、効率の低下を招き、ワークライフバランスの推進に支障をきたす事に繋がります。これは本人にとっても組織にとっても不幸な事だと考えます。当社では行うべき事とやってはいけない事などを明文化し、ミスマッチが顕在化する組織作りが人材戦略で重要と考えています。

社長の考え方

なぜ自分の将来に期待する必要があるのか?

それは、他人の成功に「よかったね」と言える為です。人間は不本意な状況から抜け出せないでいると、他人の成長を心から祝福できません。不満や愚痴が多くなり、感謝する余裕も失われていきます。それどころか、上を目指す人の優れた点よりも欠点に注目したり他人の落ち度に対して過剰に反応するなどして心のバランスを保つようになります。
逆に自分の将来に肯定的でいる努力をしていれば、徳のある仲間との出会いが生まれ、次第に自分の望みが実現する割合が増して行きます。そうなれば、自己期待感が高まり、他人の成長や幸せを心から祝福できる準備が整ってくるでしょう。
職場環境で人間関係は大変重要ですが、自分の可能性に期待しようとしている人が、そうではない人の影響を受けて嫌な思いをするのは、社会にとって大きな損失です。発する言葉は現実を招きます。当社ではマイナスを招く考え方や言動を禁止すると同時にプラスを呼び込む言動をCCSで定義し、協力してくれるスタッフを増やしています。


「成長したい」だけでは成長ができない理由。

成長する為の条件は「変化を受け入れる事」と「素直に行動する事」です。しかしながら苦手、或いは面倒だと感じる人も多いようです。したがって、成長したいと思ってはいるものの、その為の行動は先送りになりがちです。では、行動できる人はどのような思考を持ち合わせているのでしょうか? それは、「成果を出したい」「役に立ちたい」「喜ばせたい」「感動させたい」という感情です。この感情が面倒だと思う気持ちを上回るから行動できるのです。成長は好奇心を持って素直に行動した結果です。頭の良い人や知識のある人が結果を得られるとは限りません。

自分の習慣と会社から求められる就業姿勢との差に対しどう向き合えば良いか?

これまでの自分の習慣を一旦横に置き、会社が求めている考え方で行動するのは一見大変そうに感じます。しかし、相手が望む事を提供し報酬を得るのは社会人として大前提です。ルールに沿って仕事に取り組む事は縛られている、或いは面倒だと思う人もいるかと思いますが、それは自分のオリジナルに縛られているとも言えます。時代の変化のスピードは速く、目の前の壁をかわせたとしても、もっと嫌な壁がすぐに立ちはだかるという残酷な時代です。しかし、目の前の変化を歓迎し、その波に乗ってしまえば、自分が想像していた以上の成果が得られる事に驚くでしょう。求められる変化を承諾し受け入れる事は人生の安全と安心を得る為の条件です。

中勢製氷冷蔵株式会社CCSの一部を御紹介します。

必要としていく人

  • ❶CCSに沿った行動ができる人。
  • ❷してあげている事よりも、助けてもらっている事の方が多いと思える人。
  • ❸上手くいった時は皆のおかげ、思うようにいかなかった時は自分の責任と考える事ができる人。
  • ❹年下や後輩からも学ぶ・見習うことができる人。

仕事よりも優先する事

  • ❶挨拶:他のスタッフや来客に対し一旦立ち止まり、相手の方に体をまっすぐ向けて行う。1秒ずつルールに沿って行う。
  • ❷言動・身だしなみ
  • ❸考え方(心の姿勢)当社は 成果=考え方や習慣×能力 と定義する会社です。

考え方一覧表

1 自分には無理 × 自分ならできるかもしれない
2 課題は面倒 × 課題はギフト
3 自分はそこそこできている。気が付く。知っている。頑張っている 自分はまだまだ
4 評価されている人及び組織や行いの問題点や噂を話題にしてしまう習慣がある × 評価されている人及び組織や行いの優れた点に着目し、見習いたいと考える習慣がある
5 上手く行かない時に自分の問題ではなく設備・資材・道具・天候・取引先・組織や他のスタッフの問題と捉え、原因を解決する為の行動を起こさない × 「仕事をまだ覚えていない」或いは「自分の課題」と捉え、エラーや不具合が発生する原因を解決する為にあらゆる方法を試す等、行動で手を尽くす
6 自分だけ指摘されて不快に思う × 自分だけ指摘されたのはチャンスだと思う
7 守ってない人もいるから自分も守らなくていい × CCSを尊重し、模範を示していこう
8 めんどうな事、いやな仕事に対し、「私がやります」等の率先した行動は少ないが、周囲に対し意見や評論は行う × コメント以上に行動にスピード感や熱心さがあり、より上を追求する姿勢が、言葉でなく行動に表れている
9 社長や上司がいる時に努めてCCSを意識する 社長や上司がいなくても手を抜かない
10 成長したい (自分の行動によって)もっと成果を出したい、もっと役に立ちたい、もっと貢献したいと思う

行動方針15 兼 考課表

下記ルールを守り、そのクオリティの維持・向上に努めるのは、最優先の仕事です。

  1. 挨拶はルールに沿って行う
  2. 「 さん」付けで呼ぶ(役職者には役職名で呼ぶ)。
  3. 持ち場に戻った時は「戻りました」と上司や周りのスタッフに声をかける。

1日1回は、ほうきor雑巾orモップで掃除を行うか、ごみを拾いましょう。やらされ感が出ないように工夫しましょう。掃除を「させて頂く」と捉え、継続して実践できる人=EQ力が高いと定義します。

多能工拡大の為に行動する。

整理整頓やごみ捨て(缶PET含)、環境整備全般について、休憩前や終業前等の隙間時間、手待ち時間等も貪欲に活用し自ら行動しましょう。

組織を尊重した活動を行いましょう。敬意を欠く言動や振る舞いは禁止です。

  1. 始業の前にトイレに行っておく。
  2. ポケットに手を入れない。
  3. 業務中は足を組まない。
  4. 作業する着衣のポケットにごく個人的な物品を入れない。使わない時はロッカーに入れる。
  5. 弱い立場の相手に「やらせる」というような上から目線な思考。年上の部下に対してタメ口が多い等、横柄な態度。仕事場という意識が足りない「(溌剌とした)はい」以外の返事。お仕事を頂いている相手、という認識が十分ではない得意先対応は禁止。
  6. 商売道具を個人的な目的で使用しない。
  7. 与えられた物や時間、チャンスや行事を積極的に活用しましょう。
  8. 知識・技術・経験は評価やコメントを行う為よりも、当社の意向実現に向けた行動の為に使う。
  9. 当社が求めているイメージとは違う振る舞いは禁止。
  10. 意見するよりもお手伝いをしましょう。
  11. 発表者の発言中に隣の人と話をしたり、姿勢を崩したり、ストレッチ等をしてはいけません。
  12. 緊張感のない姿勢(ふわふわ・ウトウト)は厳禁。
  13. 礼節をわきまえた謙虚な態度で就業しましょう。
  14. 後輩や部下にCCSに沿った努力や変化を促すと同時に、CCSに沿った自分の課題解決もセットで行いましょう。
  15. 良いご縁や成果が得られた時は素直に喜びを表現しましょう。

業務方針610 兼 考課表

与えられた仕事や任された仕事をCCSの考え方に沿って取り組み、上長に報告・連絡・相談を行う事で、会社の考え方と合っているか、期待に沿えているか定期的に確認しましょう。

  1. 上司に支援を願い出ていないのに、あらゆる不足を出来なかった理由にしてはいけません。
  2. 自分の取組み方が会社の期待や方向性とズレていたら速やかに修正しましょう。※ズレを認識し、すぐ修正できる人は優秀な人と定義します。
  3. CCSの推進は正社員に与えられた仕事です。

就業時間中は常に求められている仕事をしましょう。下記は避けるべき行いです。

  1. CCSの考え方に沿った行動が疎かになり、身体をリラックスさせてしまうことがある。また、PCに向き合った時間に見合う成果やプロセスの明示、或いは報告をしない時がある。
  2. 休憩前や終業前に「これもやってしまおう!」と動作に勢いをつけるよりも、負荷のかからない落ち着いた体勢になってしまう事がある。
  3. CCSに沿った実績を上げる為ではなく、個人的な関心事でしゃべってしまうことがある。また、緊張感のない姿勢や言葉でコミュニケーションを取ってしまう事がある。
  4. やるべき事や課題を認識しても、速やかに動こうとしない事がある。
  5. 上司や他部署並びに自部署をサポートすべき局面で自ら手伝う意向を示さず、緊急ではない自分の仕事をしている。或いは自身も工夫すれば手伝える状況なのに腰が重い時がある。

前倒しの姿勢で行動しましょう。

  1. やらないといけない事は先延ばしせず、すぐ取り掛かる意志がある事を行動で示しましょう。
  2. あらかじめ予測・確認・イメージした上で、具体的にかつ前倒しで準備を始める。
  3. 設備のメンテナンスや予防処置、環境整備は社長が気にし始める前にやってしまうか、速やかに行う意思がある事を伝えること。

業務の条件。

  1. 時間はミスやエラーの修復よりも原因を断つ為に使うこと。
  2. 全ての甘辛加減は思い込みの基準ではなく、今会社が求めている基準と相違ないか確認すること。特に部下や後輩に会社の考えと違う指導や回答をしないように注意すること。
  3. 社内や企業活動に影響が及ぶ範囲においては当社の価値観 (CCS)に切り替えて行動すること。
  4. 正社員(入社1年目は除く)は、会社の信頼、商品やスタッフの安全性、業務推進の為の必要な書類(報告書、議事録、マニュアル等)の作成、明示、アップデート、整理整頓に携わること。

省略してはいけないこと。

  1. 持場を離れる時や何かを始める時は会社の意向と相違ないか、声をかけるなどして、確認してから始める。
  2. 物を壊したり、ぶつけたりした時だけでなく、会社に損害(時間も含む)を与えそうな時、コストの増加が見込まれる時は、すみやかに上司に連絡し、その上司は社長に報告すること。
  3. 数字の報告は、丁度なのか約でいいのか確かめてから行うこと。
  4. 人は間違えると考え、数字・名称等は時間や方法を変え、2回以上確認してから報告・実行する。
  5. 社内の製品や資材・物品は皆が認識しやすいように配慮し、数の確認は現場で現物を見て行う。
  6. 設備のメンテナンスは実行する前に上司に連絡し、その上司は社長に報告すること。
  7. 当日の運転日誌や作業日報は記入・提出してから退社すること。
マイナビ2019マイナビ2020