一緒に働いていただける方へ 弊社の経営理念と成長戦略 ~人材への思い~

企業理念

私たちはCCSに沿って活動し、願いを実現します。

CCSとはコーポレートカルチャースタンダードの略で、当社の価値観を指します。
CCSの一部をこのページの後半で紹介しておりますので、ご応募頂ける方はご確認をお願い致します。

社長メッセージ

社長メッセージ

願いを実現するためには、まず考え方や習慣が大切。
頑張っているのに思うような評価や成果が得られない理由とは。

私たちは、成果=考え方や習慣×能力だと考えます。成果を得られない考え方や習慣のまま能力を高めれば、組織の中で益々自分の思うようにならなくなります。当社では成果が得られる考え方や習慣をCCSとして明文化し、CCSに沿って全メンバーが活動を揃えることにより、組織効率を倍増させ、願いを実現して行きます。
下記が弊社の願いです。「目的」を先に決めてから「目標」を決めています。
目標には達成期限を設けています。先の予測が難しい時代だからこそ、目的・目標と期限を設定するべきだと考えています。

会社の願い

目 的
「業界・会社・社員・地域のステイタス向上」
目 標
  1. ① スタッフの平均年収を1.5倍にする。
  2. ② 仕事と育児・介護の両立等において業界の模範になる。
    (達成=厚労省の均等・両立推進企業表彰を受ける等)
  3. ③ 新事業で年間売上3億円以上。(2017年1月時点ではゼロ)
  4. ④ 海外取引年間3000万円以上。(2017年1月時点ではゼロ)

【達成期限:2021年】

成長戦略

ロゴマークへの想い(長期ビジョン)

2016年、ロゴマークを一新いたしました。1999年に現社長が入社して間もなく旧ロゴを制定いたしました。当時、氷の売上は年間約4000万円でした。スタッフを安定雇用して行くことさえ難しい仕事量です。
そこから氷の年間売上が5億円超に至るまでの間、旧ロゴに込めた願いは当社の実力以上の取引先やスタッフとのご縁に繋がり、中勢製氷を大きくけん引してくれました。新しいロゴマークはスタッフそれぞれのCCSに沿ったしなやかで積極的な行動によって、自分の願いを諦めることなく、手に入れていくイメージを表しています。

成長戦略

2000年頃まで、当社のお客様は地元三重県津市内に限定されておりました。そこから他の市町村に販路を拡大し、現在では関西及び中部全域へ供給を行っております。今後は品質や供給体制において、まだまだ改善の余地が残されておりますので、早急にレベルアップを図り、各地域においてシェアを高め、成長して行きます。さらに、これまでの製氷事業で培った技術を活用して新しい事業にも進出。東京をはじめ香港やシンガポールなどの世界都市にアプローチを行い、当社の新しいポジションを積極的に開拓して行きます。

嬉しいこと

当社の製氷事業につきましては、その品質や供給体制を大変評価して頂き、テレビや雑誌等で取り上げられる有名飲食店でお使い頂いています。特に世界有数の人気都市である、京都市内の飲食店への供給量はトップシェアを誇っております。私たちは一流のユーザーからお褒めの言葉やアドバイスを頂くことで、歓びや誇り、そして緊張感を持って仕事と向き合える事に感謝し、更なるレベルアップに繋げています。憧れのお店で、自分たちが作った氷をご利用頂けることを「嬉しい」「光栄だ」と感じる方であれば、当社で働く喜びは一層高まります。

これから社会人になる方へ

お金を稼ぐ事は大切ですが、目的にするべきではありません。
幸せを感じる為に重要なのは「必要とされる事」「役に立つ事」だと私たちは考えます。
皆さんは、まず会社や上司に必要とされ、会社や上司の役に立つには
どうすれば良いかを考えて行動を起こしましょう。
お金は後からついてくるものなのです。

この氷を作っているのはどんな人達か

多くの人は失敗の回避に重点を置きます。しかし、活躍の中心にいる方達はそればかりに捉われません。
私たちは未来に希望を持って仕事をして行くために、自信をもって活動している方達に期待される存在でなければなりません。求めて行くのは、「この人達と一緒にやったら失敗しない」よりも「この人達と一緒にやって失敗したのなら仕方がない」と思ってもらえるような人財です。

中勢製氷冷蔵株式会社CCSの一部をご紹介します。

必要としていく人

  1. ①CCSに沿った行動ができる人。
  2. ②してあげている事よりも、助けてもらっている事の方が多いと思える人
  3. ③上手くいった時は皆のおかげ、思うようにいかなかった時は自分の責任と考える事ができる人。
  4. ④年下からも学ぶ・見習うことができる人 

仕事よりも優先する事

  1. ①挨拶:一旦立ち止まり、相手の方に体をまっすぐ向けて行う。1秒ずつルールに沿って行う。
  2. ②言動・身だしなみ : 上司から指摘があった時の自分の態度 =「私の器」と心得ます。
  3. ③考え方(心の姿勢)
1. 自分には無理 × 自分ならできる 
2. 課題は面倒 ×  課題はギフト 
3. 出来なかった時に自分以外の理由にしたくなる × 自分の至らなかった部分にもフォーカスする 
4. 自分だけ指摘されて不快に思う ×        自分だけ指摘されたのはチャンスだと思う 

行動方針

  1. ① 従業員同士は「さん」付けで呼び合います。(役職者には役職名で呼びます)
  2. ② 全てのスタッフは作業ポジションの変化にご協力ください。社員は自ら職域を限定してはいけません。
  3. ③ 始業の前にトイレに行っておく。
  4. ④ 1日1回は掃除を行うか、ごみを拾いましょう。
  5. ⑤ この先起こる事を予測して具体的に準備する。
  6. ⑥ 損している点よりも恵まれている点に目を向ける。
  7. ⑦ ポケットに手を入れない。業務中は足を組まない。
  8. ⑧ 商売道具を個人的な目的で使用しない。

業務方針

  1. ① 今からやろうとする行動は上司の意向と相違ないか確認してから始めましょう。
  2. ② 報告する数字は、丁度なのか約でいいのか確かめてから数える。
  3. ③ 人は間違えると考え、数字・名称等は時間や方法を変えて2回以上確認してから報告・実行する。
  4. ④ 業務はあらかじめ予測・確認・イメージした上で、事前にかつ具体的に準備をしておく。
  5. ⑤ 時間はミスやエラーの修復よりも原因を断つ為に使う。
  6. ⑥ 上司から依頼があったら先延ばしせず、すぐ取り掛かる意思がある事を示しましょう。
エントリーする
マイナビの(株)エントリー新卒採用ページへ移動します。

お電話でのお問い合わせ 059-273-5656 三重県あのつ台5丁目1-5

メールでのお問い合わせはこちらから

ページトップ